リビングが定位置

こどものこと、趣味のこと、お金のこと。お家でできる楽しいことを探します。

MENU

【株主優待】ポーラ・オルビスのポイントためたいけど何もらったらいいかわからん

ポーラ・オルビスの優待きてました。

f:id:sugomorimameko:20210307210510j:image

 

数年前までオルビスの化粧品は通販でも送料無料だったんです。

ネット通販の物量が増えて、もうそんな無理は言えませんが、お出かけしたくない上に物を考えたくない産後の時期に、「化粧水ひとつから送料無料でお届けします!」というポリシーはありがたかったですねえ。

 

これもまだインバウンドの余韻ただよう頃に買ってるので、「下がった時に買っておけばよかった」第2号。

株主優待は、優待ポイントを使って自社製品のカタログから選びます。

f:id:sugomorimameko:20210307212711j:image

まだまだ初心者なのでドーンとはもらえません。

ポーラオルビスも3年以上保有でポイントアップですね。

 

去年の分もまだ持ち越ししてるのでまだ貯めといてもいいけど…どうしよかな。

ジュレパックよさそうかな。

 

オルビスさん最近ちょっと華やかにしてきてますので、どんな感じにしていきたいのかよく見ておかないとなあとは思ってます。

まあ優待もらえるのは嬉しいので、しばらくは持っておくと思います。

 

わたしの「しばらく」はまあまあ長いよ。

アネロのリュックとさよならする日

最近たまに1人で歯医者に行くことがあります。

今日もナイトガードをつくりに歯医者に行って、椅子に座って、窓際に置いたカバンを見ました。

「そうだ、もういいんじゃないのか」

ふとそう思いました。

 

 

わたしのアネロのリュックはいわゆるマザーズバッグです。

アネロってこれな。見たことあるだろ。

 

トートのマザーズバッグは、体の小さいわたしにとってはめちゃくちゃずり落ちて使いにくいので、いくら「抱っこ紐と重なって肩パットがすごい」と書いてあろうとも、こりゃリュック一択だなと思っていました。

 

とはいえ赤ちゃんのいない状態での想像なんてたかが知れていて、いざお出かけが必要になって、どんなのがいいか具体的にわかってから買おうとそのまま出産。

こどもさんが生まれた年はやたらインフルエンザが流行っていて、無呼吸で生まれてきたこどもさんはもしかしたら呼吸器が弱いんじゃないかとビビったわたしは必要以上に引きこもっていて、1ヶ月検診まで全然一緒にお外に出ませんでした(直前まで入院してたのもある)。

 

でもいつまでもそんなことも言ってられないのでやっとなんかカバン買わねばと思って買ったのがアネロでした。

リュックは合わせるのが難しいと思っていたので、それまで調べたこともなく、そのとき「ママバッグ リュック」で検索かけるとやたら出てきた。売り込みかけてたのかな。

 

でも確かに便利。

パカっと大きく開く口は、全部チャック開かないときれいに開かないから、正直便利なのかどうか判断しかねるところはあるんだけど、背中側のチャックはめっちゃ便利。

リュックを下ろさずにお財布もエコバッグも取れる。

抱っこ紐しててもできる。天才。

 

雨の日も風の日も、どこに行くにもアネロのリュックと一緒にお出かけしました。

ベビーカーにかけた日もあったし、車の助手席に放り投げるのなんて今でもいつもだし、片手で無理やり口金開けようとして、多分若干口元は歪んでいる。

 

どこに行くにもこのカバン一つで、おむつとおしりふきと、初期は哺乳瓶と粉ミルクとお湯の入った水筒をぎゅうぎゅうに詰め込んでお出かけしました。

あの人もアネロ、この人もアネロ。

国民総配給バッグなのかと思うくらいアネロの人を見ました。

おんなじ形のおんなじ色のリュックの人も結構いて、みんな自分じゃない人のお世話をするものを、わからないながら必死で選んだんだなと思いました。

同じ頃に出産した友達は早々にマリメッコに変えてました。

 

みんながんばったよな。

 

こどもさんも幼稚園に行って、なんとかかんとかおむつも取れて、もうぎゅうぎゅうのおむつもおしりふきもいりません。

まだ急に走り出したりコケたりするから手は空けておかないといけないけれども、1人で歩けるし自分で荷物も持てるし、何よりもう24時間わたしと一緒ではないのです。

 

こどもさんが幼稚園に行っているから、わたしは1人で歯医者にいる。

この5年、これもいるかもあれもいるかもと思ってパンパンにしていたリュックは、もう十分すぎるほどお仕事をしてくれたのかなあと思いました。

 

 

めちゃくちゃがんばってくれたよ。

パイピングももうヤバイもんな。

見て見ぬ振りしててごめん。

今日までありがとう、アネロちゃん。

【プチプラ】めんどくさがりにも続けられるヘアケア

今のところたどり着いたヘアケアルーティンに必要なものと感想を書いておきます。

一応わたしの髪質を記しておくと、多くて太くてかたくてうねってる剛毛です。

 

sugomorimameko.hatenablog.com 

 

そんな剛毛でもこれだけやると、うね毛やアホ毛や浮き上がりがめちゃくちゃ抑えられる!

まあ、最終スタイリング剤はいるかもしれないけど劇的に楽。

 

広がりを抑えるシャンプー

うねって広がる髪を落ち着かせたい。

お値段4桁はちょっと抵抗がある。

そんなわたしに(千円以下でスーパーで買える)。

そこまで劇的な変化は感じないけれど、しっとり落ち着く手触りにはなる。 

 

パサつきを防ぐオイル

これは、とりあえずアットコスメのポップが立ってたので。

ダメージ補修はあるのかもしれないけど、今度はもうちょっとしっとりオイルよりを使ってみたい。 

 

とりあえずのドライヤー

つぶれたらいいやつに変えたい(つぶれない)。

 

sugomorimameko.hatenablog.com

 

まとまりを生み出すナイトキャップ

シルクのナイトキャップで驚くほど落ち着くとTwitterで見た。

驚くほど落ち着いた。ほんとにびっくり。

見た目は19世紀のばあやみたいになるけど。

くるっと巻いて入れれば毛先もうまいこと内向きに。

わたしは頭がでかいので(髪の毛も多いので)次はLサイズにしたい。

 

ちょっとぎゅうぎゅう気味で押し込んでても、頭まわりゴムのやつでも意外と外れたりしない。

ゴムが緩んできたりするだろうから、その辺はリボンタイプの方が融通がきくのかも。

結び目が当たって痛いとかはないのか気になる。

 

「シルクだし髪の毛ちゃんと乾かさないと!」という気持ちが働くのが利点といえば利点。

 

あとは適切なカット

美容院ほんとに行けてないので、もろもろ落ち着いたらゆっくり行きたい。

いい感じのカットにしてほしい。

 

めんどくさがりにも続けられるヘアケア

この辺がわたしが維持できるレベル。

それぞれ吟味を重ねてグレードアップすれば、より良いクオリティを得られるのかもしれないけど、残念ながらそこまで優先順位は上がらないのだ。

ちゃんとやってる人から見ればめちゃくちゃプチプラだけども、やるとやらんでは大違いだからまあよい。

 できる範囲でやらないと続かないからね。

なんとか自分の髪とうまいこと付き合って参りましょう。

【ヘアケア】剛毛と折り合いをつける基本的な方法

こんにちは、剛毛です。こんばんは。

 

聞いてくれ聞いてくれ。 

物心ついて30年くらい、いうこと聞かない髪の毛と戦ってるって話はしたっけ?

毛先はうねりハチはふくらみアホ毛は立ち放題というわたしの頭に、改善の兆しをもたらしたルーティンになんとかたどり着いたので、現状をちょっとここに書き記しておきます。

 

ヘアケアの基本的なことをちゃんとやってみよう月間

先月くらいからやってます。

具体的にはドライヤーちゃんとやろうね月間。

 

sugomorimameko.hatenablog.com

 

ドライヤーは結局まだ買い替えてなくて、まあまあうるさいやつのままです。

静かでもパワーが足りんと乾きが遅くてますます嫌になるかもなあという懸念もある。

なんせめんどくさがりなのでね。

 

今のわたしにできる範囲のヘアケアとしては、

  • シャンプー変える
  • ドライヤーめんどくさがらない
  • 保護にオイルする
  • ナイトキャップする

以上。

基本的だなと思うでしょ?

 

しかしこれでわたしは毛先のまとまりと落ち着いたハチとそこまで飛び出さないアホ毛を手に入れました。

まじ。

ナイトキャップが全てを包み込んでくれる。

 

sugomorimameko.hatenablog.com

 

うまくいかないのは基本をわかってないから

うまくいかないいかないと文句を言いながら、わたしはちゃんと基本のケアをしていたのかしら?とある日思い至りました。

 

生活の各分野ではそれぞれ基本となるベーシックルーティンがあると思うんですが、洗顔にせよヘアケアにせよ、掃除にせよ料理にせよ、毎日それを全ての分野で一から十までしっかり行っていてはいくら時間があっても足らないというもの。

それぞれの手順を知ってはいるものの、各個人にとって優先順位の低い分野は工程をバッサリカットされていたりするのではないでしょうか。

 

わたしにとってそれは美容部門。

特にヘアケア。

髪の毛多いから、洗うのも乾かすのもトリートメントも全てがめんどくさい。

大体限界のところでお風呂入るので、上がったらもう眠い。

 

その行動をちょっとは見直してみようかなというわけですから、ブログに書くということはレコーディングダイエットもびっくりの効果です。

 

でもドライヤーめっちゃ嫌い

美容師さんに言ったら「それは…」って感じになるのでぼやかしたりしてたけど、髪の毛は自然乾燥派でした。

自然乾燥派といえば聞こえはいいけれど(よくはない)、要はドライヤーがめんどくさい。

美容師さんにしてみれば、剛毛のくせに保湿とドライヤーもせずに「髪が言うことを聞かない」なんて言うんじゃねえよ。って感じですよねごめん。

でも自分の体でも世話するのがめんどくさいところはあるんだ。

 

やってみなかったわけじゃないんだよ。

この髪質だとオイルの方がいいですね、って言われたから、オイルしてからドライヤーやってみたこともあったんだ。

でも全然ほうき頭。

ほうき草みたいなほうき頭。

f:id:sugomorimameko:20210302100346j:plain

なんだよだめじゃん。って思っちゃったんだよねえ。

 

我はいかにして剛毛となりしか

いや、剛毛なのは生まれつきなんですよ遺伝だからね。

物心ついてもう30年くらい戦ってるんですけど、それって、いうこと聞いてもらったことがないから、どういう風にすればいうこと聞いてもらえるのかよくわからんってことなのね。

多分もともと強情な毛質のところに、ふさわしいケアをしていなかったものだから、自分の髪の毛が思い通りになるという成功体験を得ないまま「これはもう無理だ」と思いこむようになっているのだと思うんです。

 

一応美容的な手順とかに目を通してみたりしても、本当に効くかどうかわからんからアイテム投入するのがこわいというかなんというか。

ケアに熱心なわけではないから、まあその辺研究心が薄いんだな。

 

最近こうやって書くようにしていて、臆さずめんどくさがらず、とにかくなんかやってみよって思うようになって、改善してる!と思えるところまでいけたのはいいことです。

 

ヘアケア失敗続きの原因は?  

結局のところ、なかなか髪が強情すぎて、散発的に対策を試みても満足いく結果を得られてなかったということなのかなあという感想。

私的ヘアケアフルコンボまでいって初めて「なんか変わったかも」と思えるんだものなあ。

 

美容偏差値の低いわたしにとってはまあまあめんどくさい髪さんですが、こいつと共生していくほかないので、なんとか様子を伺いながら微調整をしていきたいと思います。

もうちょっと伸ばしてまとめやすい髪になってほしいわ。

あと5センチ!がんばれ!

やっとお雛様を出しました

今週のお題「雛祭り」

 

今日やっとお雛様を出しました。

ほら、昨日は日取りがあんまりだったのでね。

f:id:sugomorimameko:20210228210834j:image

この辺にそんな風習はかけらもありませんが、お片付けは旧暦でやりますのでのんびり飾っておきます。

 

うちのお雛様は、お内裏様とお雛様の一段だけのもの。

それでもなんだか、父が初孫のために奮発してくれたようで、いいもののような感じがします。

 

まだまだ買って数年ですから、うるしもつやつや。

傷をつけるのが怖いです。

 

芸術品を庶民が管理できるのか

お雛様は人形です。

人の形を模したもので、厄除的な意味はまあ置いておくとして、いわば子どものおもちゃです。

お姫様やお嬢様の持ち物を豪華にするために、技術の粋を尽くして職人さんが技を磨いて美しく発展してきたのだろうと思います。

お姫様やお嬢様はお金もあるだろうし、お抱えの職人さんもいるだろうから管理もそれなりの人がやるんだろうけど、わたしはただの農民の子どもなんだなあ。

 

美術品というほどのものではないでしょうが、上のやつも「高名な職人さんが作ったんだよ」という名札が入っています。

孫に良いものを与えたいと思ったじいじが、吟味の末に選んでくれたものです。

 

しかし、美しいとは思うものの、正直わたしの管理下でこのお人形を悪くしてしまったらと思うと、結構なプレッシャーがあります。

そう思うとせっかくのいいものなのにつらい。

 

お雛様を出すたびに、説明書きをみるたびに、白手袋してつやつやの台を持つたびに、分不相応な感じがしてドキドキがすごいです。

こんなつやつやぴかぴかのものを何十年と維持していけとはなかなかの重圧。

 

こどもさんも去年まではさほど興味もなさそうでしたが、幼稚園で習ってきたからか、今年はめちゃめちゃ前のめりです。

お菓子食べた手で触ろうとします。

ドキドキ。

 

子どものおもちゃです。と割り切る

おもちゃというか、お雛様は子どものためのものです。

子どもの健やかな成長を祈って飾るもので、その可愛らしさや美しさが子どもの心に触れて、何か思い出を残すことが大事なのかな、と思います。

それでもし、ちゃんと大人になるまでお人形が残っていれば、それをまたその子どもに渡すこともできる。まあ自分で持ってても全然いいんですけど。

 

それが思い出だし、だから傷ひとつつけずに守らなくては、とは思わなくてもいいのかもしれない。

わたしが全部やらなくてはと思って、傷がついたら、何かなくしたりしたら、それですごく気に病むみたいなことは、しないでもいいのかもしれない。

 

 

と思わないとやってられないよー。

こわいよー。

 

まあ多少傷がついたりしても、激甘のじいじは「それも経験」って許してくれると思うけど。

昔はめちゃくちゃ怖いお父さんだったのになあ。

(その影響が、この「失敗をおそれるわたし」に出てると思うんだよなあ。)

何がどうなってこうなったのかなあ。

昔のわたしをゆるゆる育ててほしかったなあ。

 

まあいいけど。

書いてみて、そういうことだったのかと改めて感じることがありますね。

 

背伸びしすぎず、卑屈になりすぎず、こどもさんには自分の好きなものを手にできるように、大きくなっていってもらえればなあと思います。

ついぎゅうぎゅう言ってしまうけれども、わたしも気をつけなくてはね。

【株主優待】キユーピーは長期保有で増やしたい【来たよ】

キューピーじゃなくてキユーピーなんですって。

キヤノンとかオンキヨーみたいな。

でも「キューピー3分クッキング!」って言ってるよね。

f:id:sugomorimameko:20210227231635j:image

これがキユーピー初優待なので嬉しいです。

 

わたしが買った時はコロナ前で、今からするとまあまあ高値づかみだったので、この1年やきもきしましたね。

最近は上がってきたから気分も楽です。

今から考えれば買い増しすればよかったよね(得てしてそういうもん)。

 

買った当初は3年経たないと優待もらえない感じだったら、去年は株価下がったまんまでちょっとへこみました。

知らんまに「3年→半年」に変更されててありがたいです。チャレンジしやすくなりましたね。

今後も長期保有して、2年後にグレードアップを目指したいと思います。

 

高配当って感じではないけれども、安定的に年一回なんかもらえたら嬉しいのでこれからもよろしくお願いします。

(すごもりさんは安定志向なので大型高配当銘柄が好きです。) 

 

実はこないだジャムとマヨネーズ買ったとこなんだよね。

うっかりうっかり。

大豆ミートミックス、どうやって使おうかね。

Switchをお外で使う問題について考えてみる

我が家にもございますNintendo Switch

おうち時間充実計画の一翼を担う大事なメカです。

家族共有の財産と言えましょう。

 

据え置きゲーム機としてのSwitch

わたしはこれを据え置きゲーム機として考えています。

基本的に家の中で用い、テレビが使用中の場合、本体から取り外して手元で遊ぶ。

それを基本の使用法にしています。

 

でも持ち運べてしまう。

 

公園にSwitch持ってくる問題

先日公園で遊んでいたときに、幼稚園のお友達がSwitchを持ってやってきました。

もちろんおうちにある子もいますが、よその子が持っているお揃いのおもちゃに幼児たちは興味津々。

でもよく考えてくれ。

そのおもちゃ、めちゃめちゃ高い(3万)。

3万のカバン地面に落としたらごめんですむけど(すまんかも)、Switch地面に落としたらごめんではすまん。絶対あと引くやろ(カバンでも引くかも)。

つまり3万のものを公園に持ってきてはダメ。

 

親が隣で見ているなら100歩譲ってまだいいんです。

 

親いない。

 

やめてくれまじで!

こどもが家の中で自分ちのSwitchを落下させただけで平静ではいられなかったわたしに、よそのSwitch破損とか、そんなことになったら挙動不審どころか無事に帰宅できるかどうかわからん自信がある。

 

どう対応する?

こういうことは各家庭の考え方がありますから、持ち出して使うことがいいとかダメとかは言えません。

ましてや伝えないといけない相手は5歳。

「いい」と「ダメ」はわかりますが、目の前に好物を置かれて「あの子が良くてわたしがダメ」を飲ませるのはなかなか難しい。

 

ひとまず召集して相手の子に聞こえないところで「あれはお家にもあるから触ってもいいと思ったかもしれないけれども、お外で使うものではないし、もし壊してしまったらとても「ごめん」で済まされないくらい高いものなのだ」と伝えました。

いくら高くてもボールなら落としても蹴っても平気ですが、Switchはそうはいきません。

1000円のゲームブックならボロボロになってももう1冊買えばいいと思えますが、3万はそうそうもう1個買えません。

 

この幼児は先日机の上からSwitchを落として、本体についたままだったコントローラを若干歪ませてしまい、その時わたしが全然平静じゃなかった(とても「いいよ」とは言えない)のを目の当たりにしているので、「お母さんはあなたがもしあれを壊してしまったら、どうやって「ごめん」って言ったらいいかわからなくなる」と言ったらなんか察した感はありました。

(そんな高いもんをこどもがふつーに触れるのも問題ある気がしないでもない)

その日は「どうしても触りたいなら家に帰っておうちのでやろう」と言って連れて帰りましたが、今後続くようならどうすんべかなあとは考えてしまいます。

 

よそはよそ、うちはうち

Switchは幼児のいる家にでも普通にあって、幼児が遊べるものではあるけれども、持ち運びができてしまってまあまあ高価。

 我が家では「これはお外で遊ぶものではない」で押し通しても、お友達もそうとは限らないところが難しい。

親同士の仲が良ければ、話を通して持ってこない約束をすることもできますが、どうも価値観が違うっぽいなという相手とその交渉をするのはまあ無理。

これもこどもの世界が広がってきたということなのだと捉えて、周りとの距離感とか、お互いの違いを考えさせるいい機会なのかもしれません。

 

ちょうど火災保険が切り替えなんですけど、個人賠償だけは入っとかなあかんな。